ページの先頭です
メニューの終端です。

災害時帰宅支援ステーションについて

[2012年2月28日]

ID:4253

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害時帰宅支援ステーションとは?

地震などの大規模災害が発生した場合、通勤や通学、買い物等で外出している人は、交通機関の途絶により自宅に帰るのが困難になります。このような方々を帰宅困難者といいます。
関西広域連合では、災害時の徒歩帰宅者を支援するために水道水、トイレ、道路情報などの情報の提供をしていただけるコンビニエンスストア等の店舗と、災害時における帰宅困難者支援に関する協定を締結し、「災害時帰宅支援ステーション」として活用できる体制をとっています。

締結事業者リストなどの詳細について

締結事業者リストなど詳細については、下記をクリックし、関西広域連合ホームページ「関西広域での災害時帰宅支援ステーションの普及・定着」をご覧ください。

関西広域連合ホームページ「関西広域での災害時帰宅支援ステーションの普及・定着」(別ウインドウで開く)