ページの先頭です
メニューの終端です。

サーバ証明書の切り替えによる影響について

[2016年10月3日]

ID:3455

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

蔵書検索・インターネット予約を利用している方は、ご留意ください。

セキュリティが向上します

皆さまがインターネットを通じて蔵書検索・インターネット予約などの図書館サービスを利用する際、
第三者から盗み見られることのないよう、通信内容を暗号化して安全性を高めています。

この暗号化には、「サーバ証明書(※1)」という仕組みを利用していますが、平成28年1月以降は、
新しい規格のサーバ証明書に移行することになっております。(※2)

枚方市立図書館でも、証明書の切り替えを8月30日中に行い、新しい規格の証明書を導入し、
セキュリティを向上させます。

また、携帯サイトについては、システムリプレイス後の10月3日から適用になります。

※1 サーバ証明書(サーバ・しょうめいしょ)
SSL(TLS)を用いて、利用者がアクセスしているサーバが「本物」であることを保証する電子的な証明書のこと。
例えば、インターネットバンキングや、ショッピングサイトなど、利用者がアクセスするWebサーバなどの真正性が重要となる場面で使用され、そのサーバと暗号化通信を行うためにも使用されます。サーバ証明書は、認証局と呼ばれる第三者機関によって発行されます。

※2 サーバ証明書の切り替え
暗号化通信(SSL/TLS)を使用する際に用いるサーバ証明書について、これまで広く使用されてきた暗号アルゴリズムSHA-1から、より安全性の高い暗号アルゴリズムSHA-2に移行することが世界的な取組として進められ、平成28年1月1日以降、SHA-1を用いた新規のサーバ証明書が発行されなくなりました。

関連リンク

一部の端末では、表示されなくなることがあります

最近使用されているPC・スマートフォンの端末の多くは、既に新しい規格に対応しており、現状と
同じように暗号化通信が可能です。

しかし、フィーチャーフォンの一部機種や10年以上前の古いPC・WindowsXP等においては、新しい
サーバ証明書を使用している図書館システムを表示できなくなる可能性があります。

もし、表示されない場合は、ご自身で、契約している通信事業者にご相談をお願いします。

各携帯電話事業者では、サーバ証明書の切り替えにより影響を受ける機種等について、ホーム
ページで周知していますので、あわせてご覧ください。

参考


サーバ証明書の切り替えによる影響についてへの別ルート