ページの先頭です
メニューの終端です。

おすすめの本 中学生から高校生のみなさんへ

[2016年8月9日]

ID:3441

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ヤングアダルト(中学生から高校生)の読書活動推進のため、平成26年にマスコミ等で紹介された本のなかから、図書館職員が20冊の本を選びました。各図書館や分室でリストを配布していますので、どうぞご活用ください。ご参考までに以下の4冊をご紹介します。下記URLから全 リストをダウンロードすることもできます。

クラスメイツ(前期・後期) 森 絵都/著 偕成社

クラスメイツ前期の表紙画像
クラスメイツ後期の表紙画像

北見第二中学1年A組24人、ひとりひとりを主人公にした24の連作短編集。泣いても笑っても一年間は同じ教室で過ごさなければならないクラスメイツ24人。入学時のぎこちない関係に始まり、学校生活で起こるさまざまなできごとに、それぞれ違った個性や感じ方を持った24人が反発し合ったり、気遣ったりしながら、結束を固めていく一年間を描く。24人のなかに自分に似た生徒が見つかるかもしれない。 

憲法読本 第4版 杉原 泰雄/著 岩波書店(岩波ジュニア新書)

憲法読本の表紙画像

そもそも憲法とは何か、民衆はどのように王権から国民主権を獲得し、基本的人権を享受することができたのか。西洋思想史から日本国憲法の成り立ち、憲法改正の動きまでを詳細に解説している。憲法とは幸福の追求に欠かせないもので、真の主権者になるには政治に関心を持つことが必要だとわかる。

ターンオーバー 堂場 瞬一/著 角川春樹事務所

ターンオーバーの表紙画像

ターンオーバーとは攻守交替を意味する。肩の故障を隠して出場する高校球児「連投」、スランプに陥った槍投げのベテラン選手「失投」、怪我ばかりで出場の機会がないラグビー選手「クラッシャー」、プロ野球シーズン終盤、先発はベテランか新人か、決めかねる監督に翻弄される「右と左」など、一流のアスリートたちのプライドと苦悩を描いた短編集。

クララ先生、さようなら ラヘル・ファン・コーイ/作 石川 素子/訳 いちかわ なつこ/絵 徳間書店

クララ先生さようならの表紙画像

ぼくたちの大好きな担任のクララ先生が、もうすぐ病気で死んでしまう。「どうしようもない現実なのよ」と言いつつ、先生は残された日々をぼくたちと楽しく過ごしたいと提案する。ぼくたち生徒は先生のために最高のプレゼントを贈ろうと決めた。でも、それは周囲の大人たちがぜったい大反対しそうなものだった。

おすすめの本リスト

問合せ

枚方市立中央図書館児童サービスグループ 電話050-7105-8121 ファクス072-851-0962