ページの先頭です
メニューの終端です。

廃棄物減量等推進員

[2016年8月1日]

ID:3124

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

廃棄物減量等推進員とは

本市ではごみの減量化に係る施策の地域住民への伝達や、ごみの減量意識の啓発に関する地域での活動。および、ごみ置場のカラス対策や清潔保持に係る啓発活動など、本市ごみ減量施策の情報発信リーダーとしての役割を担っていただくことを目的として廃棄物減量等推進員制度を導入しております。

任期は、毎年7月に開催する「廃棄物減量等推進員総会」から、翌年の6月30日までとなっています。(再任は妨げません)

また、「ボランティア」とし地方公務員法上の身分は有しません。

廃棄物減量等推進員の役割

廃棄物減量等推進員は、校区コミュニティ協議会から推薦をいただいた方に委嘱しています。

市が主催する研修会やイベントなどを通し、本市のごみ減量施策を学んでいただき、ごみの発生抑制を最優先とした4Rの取り組みを、自治会員や地域の方と連携しながら普及啓発していただきます。

年間の事業予定

廃棄物減量等推進員総会・研修会への参加

7月に廃棄物減量等推進員総会を開催し委嘱状を交付します。

またこの総会は研修会も兼ねています。

総会クイズ

(平成27年7月15日廃棄物減量等推進員総会での研修会)

「街頭キャンペーン活動」への参加

駅前や店舗前で「4R普及啓発街頭キャンペーン」を減量業務室職員と協働で行っています。

キャンペーンの様子

(平成28年3月21日京阪樟葉駅前でのキャンペーン)

「ごみ減量フェア」や、「ごみ減量講演会」への参加

「ごみ減量フェア」は、本市のごみ減量キーワードである4R「リフューズ、リデュース、リユース、リサイクル」の普及啓発を目的として、市民によるフリーマーケットや、リサイクル品の無料抽選会、パッカー車を使ってごみの積み込み体験など、ごみ減量施策についての啓発型イベントです。

いろどりブース

(平成27年11月1日ごみ減量フェア)

「ごみ減量講演会」は、市民にごみの現状を理解していただくとともに、今後のごみの減量意識の高揚につなげることを目的として実施しています。この講演会も、廃棄物減量等推進員の研修会を兼ねています。

講演会会場

(平成28年2月19日ごみ減量講演会)

生ごみ堆肥化の取り組み

平成25年度には、廃棄物減量等推進員を対象とした「ダンボール箱を使った生ごみの堆肥化講習会」を開催しました。

「生ごみの堆肥化」は、家庭から排出される一般ごみのうち、台所などから出される料理くずや食べ残しなどの生ごみを堆肥化することで、ごみの減量化を進めるとともに、生成された堆肥を土にかえし家庭菜園等に活用することで、緑化の推進にもつながります。

メセナひらかた会場

(平成25年8月31日メセナひらかたでの講習会)

そのほか、本市の減量施策等について説明会への出席など。

ごみ減量に向けての活動に対して、さまざまな協力をいただいています。