ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年10月からの水道料金と下水道使用料の改定について

[2013年10月1日]

ID:2848

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年10月からの水道料金と下水道使用料の改定について

市は、上下水道事業について、平成25年度以降9年間で取り組むべき課題や目標を掲げた「枚方市上下水道ビジョン」を平成25年4月に策定しました。あわせて、ビジョンの実現に向けた具体的な施策を定めた「水道施設整備基本計画」、「水道事業中期経営計画」、「下水道事業経営計画」を策定しました。
※「枚方市上下水道ビジョン」などはここをクリックしてください。
このビジョンと各経営計画に基づき、平成25年10月1日から、水道料金区分の見直しと水道料金および下水道使用料の改定を行っています。

改定の内容

水道料金区分の見直し

平成25年10月改定前の水道の料金区分は、一般用、家事共用、業務用、浴場用、臨時用の5区分でした。業務用は、店舗や工場などに適用する料金区分で、多くの場合は一般用に比べ使用水量が多いことから一般用より高い料金設定になっていました。
しかし、近年は福祉関係など業務内容の多様化に伴い、現在の料金体系が実状に合わなくなってきているため、料金区分を現在の5区分から一般用、浴場用、臨時用の3区分に改定しました。

水道料金区分の見直し

水道料金区分見直し表

水道料金の改定(平均5%の減額)

水道事業では、将来的に浄水場施設の更新など多額の費用が必要となりますが、当面の間、計画的に事業を進めながら、健全な経営を維持できる見込みです。市民の負担軽減のため、平均約5%の減額となる料金改定を行いました。

下水道使用料の改定(約10%の増額)

下水道事業のうち汚水事業については、使用料収入で賄うことが原則ですが、市民の快適な生活環境の創造を最優先に積極的な汚水整備を実施してきた結果、経費を使用料で賄うことができず、税金で補っている状況が続いています。
また、今後も施設の老朽化に伴う更新など新たな維持管理経費も見込まれることから、下水道使用料について約10%の増額改定を行いました。今後もより一層の経営健全化に努めてまいりますので、ご理解ご協力をお願いします。

一般用水道料金および下水道使用料

一般用水道料金および下水道使用料早見表(1カ月分)(円:税込み)
使用水量水道料金
水道料金
下水道使用料
下水道使用料
合計
合計
増減額
8m3まで7267648407631,5661,52739
10m39459931,0929912,0371,98453
※20m32,1732,2842,4992,2614,6724,545127
30m33,6433,8284,2943,8917,9377,719218
40m35,5125,6976,4995,89112,01111,588423
50m37,3817,5668,7047,89116,08515,457628
100m320,40118,59121,61919,59142,02038,1823,838

※該当する家庭が一番多い使用水量区分。

※一般のご家庭では、2カ月ごとに検針した使用水量に基づき、2カ月分をまとめてお支払いいただいています。

関連リンク

お問い合わせ

上下水道経営室

住所: 〒573-1030 枚方市中宮北町20番3号

電話: 072-848-4199

ファクス: 072-848-6508

お問い合わせフォーム