ページの先頭です
メニューの終端です。

家庭から出るごみ・一般ごみ

[2017年1月13日]

ID:2843

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

家庭から出る一般ごみについて

「一般ごみ」とは、日常生活に伴って家庭から出る、生ごみ類・紙類・布類・小型プラスチック製品等、その他小型可燃物です。

排出にあたっての基本ルール・注意事項

  • 無色透明・白色半透明の45リットル以下のポリ袋で出してください。
  • 収集日当日の朝8時45分までに決められた場所に出してください。
  • 草花・落ち葉は月木コースなら木曜日。火金コースなら金曜日に1世帯1袋のみ収集します。 (注意)必ず名前を書いて出してください。
  • 草花・落ち葉を1度に2袋以上出す場合は、粗ごみになります。(注意)『せん定枝』は粗ごみになります。
  • 廃食用油は、布や紙に吸着させたり、固化剤等で固化させるなど飛散しないようにしてから出してください。
  • 台所から出るごみはしっかり水切りして出してください。
  • 小型可燃プラスチックはためずに「一般ごみ」に出してください。
  • 空き缶やびん・ガラス類が混入されている場合は取り置きの対象となります。
  • ペットボトル・プラスチック製容器包装の収集を行っていますが、お買い物をされたスーパー等でペットボトル、食品トレー等を回収されている場合はそちらのリサイクルされる方へ排出をするなどして、ごみ減量にご協力をおねがいいたします。

くわしくは、家庭ごみの分け方・出し方(別ウインドウで開く)でご確認ください。

違反ごみについて

枚方市では、ごみ出しのルールにもとづいていないごみは、違反ごみシールを貼付して取り置きをしています。

取り置きされたごみは、近所の住民のみなさん等に迷惑になりますので、ルールを守って出してください。

  • 青色や黒色などの色付き袋・紙袋などの袋に入ったごみ。
  • 空き缶、びん・ガラス類や不燃物が混入されているごみ
  • 草花・落ち葉の排出日違いや記名のないもの
  • 事業に伴って出たごみ
  • 袋に入っていないごみ(例:ダンボールや紙袋等をそのままの状態で排出された場合)

カラス対策について

現在ごみステーションにおいて、カラス等の小動物によってごみステーションを荒らされるという被害が多発しています。

そこで、こうしたごみの散乱被害を少しでもなくそうと、本市ではマニュアルを作成しました。ぜひ、このマニュアルをご参照いただき、衛生的できれいなまちづくりの一助としていただけましたら幸いです。


「ごみ置場のカラス対策マニュアル ~衛生的できれいな置場のために~」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。


また、市は、平成29年10月から「箱型のカラス対策ネット」を新たに購入した団体等に購入費用の3分の1(上限1万円)を助成します。

詳しくは、環境総務課のページをご確認ください。

お問合わせの多いごみ

次のものは一般ごみに出してください。(無色透明・白色半透明の45リットル以下のポリ袋で出してください。)

  • CD・DVD ・カセットテープ・ビデオテープ
  • プラスチック製密閉容器
  • 使い捨てカイロ
  • 革靴、スニーカー、サンダルなど

その他・ごみ置き場に関すること

こんな時は、減量業務室までお電話ください。

  • ごみ排出場所の変更や廃止などの相談
  • ごみ置き場への看板設置等