ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方市駅周辺でのめいわく駐車追放への取り組み

[2013年1月29日]

ID:2815

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

めいわく駐車はやめましょう

枚方市駅周辺は、めいわく駐車防止重点地域です。めいわく駐車をなくして安全で快適な街にしましょう。

枚方市では、市駅前の重点地域において、めいわく駐車防止事業として共通駐車券システムの他、駐車場案内システムによる空き駐車場への誘導、めいわく駐車交通指導員の巡回による指導・啓発業務を行っています。

また、枚方警察署とも連携しながら駐車違反取締りを強化しています。

枚方市駅前、旧三越北側道路(市道禁野枚方線)に車線分離標を設置しました

めいわく駐車対策として平成25年1月29日に車線分離標を設置しました

枚方市駅前1

車線分離標、設置後の状況

枚方市駅前2

バスもスムーズな走行ができます

交通指導員による啓発指導の取り組み

旧三越北側道路(市道禁野枚方線)等において、10月5日、12月14日の両日、調査を行いました。

  • 実施時間
     午前10時30分から午後5時30分
  • 対象者
     めいわく駐車(乗車中)をしようとする者、現にしている者

実施日:平成24年10月5日(金曜日)

めいわく駐車の円グラフ1

めいわく駐車の原因は?
駐車目的
・銀行 36台(54%)
・待ち合わせ 14台(21%)
・買い物 15台(22%)
・その他 2台(3%)
合計 67台

啓発・指導後の行き先
移動後の行先
・駐車場 24台(36%)
・違う道路 2台(3%)
・目的地 41台(61%)
合計 67台

実施日:平成24年12月14日(金曜日)

めいわく駐車の円グラフ2

めいわく駐車の原因は?
駐車目的
・銀行 27台(53%)
・待ち合わせ 14台(27%)
・買い物 8台(16%)
・その他 2台(4%)
合計 51台

啓発・指導後の行き先
移動後の行先
・駐車場 17台(33%)
・違う道路 14台(28%)
・目的地 20台(39%)
合計 51台

結果と現状

上記、円グラフのとおり平成24年12月14日(金曜日)に調査した結果、啓発指導により車両を移動し、近隣の駐車場へ移動している車両がある一方で、別の道路でめいわく駐車をくり返す車両も28%(違う道路「待ち合わせなど」)程度ありました。

金融機関や商店等の多くは、自前の駐車場もしくは共通駐車券システムに参加していただいております。

調査地点は特に交通量の多い箇所であり、8月に枚方警察署や周辺商業施設事業者、公共交通事業者とも協力をして、車両の走行帯を明確にする区画線を施工しました。しかし現状は下記写真のとおりであり、より効果的な対策が求められます。

めいわく駐車の写真1

12月21日(金曜日)の状況

旧三越北側道路(市道禁野枚方線)では、沿道の店舗の買物客等の駐車が慢性化しており、めいわく駐車の対策が求められています。

本道路の北側には京阪バスの降車スペースがあり、駅前広場にアクセスするバスの主要な走行ルートとなっていますが、駐車した自動車(道路南側に駐車)の運転手などが、自動車の陰から不規則に横断するなど、バスとの接触事故が想定され、危険な状況となっています。

めいわく駐車の写真2

めいわく駐車の状況

人が飛び出す様子

駐車している車の陰から・・・

交通指導員による指導を強化しています

指導・啓発の様子1
指導・啓発の様子2

めいわく駐車交通指導員による指導・啓発を行っています
(旧三越前北側道路、市道 禁野枚方線)

指導・啓発の様子3

市道 岡東山之上東1号線
(岡東中央公園の西側)

カラーコーンを設置して試行的に取り組む(4月20日、5月21日)

車道幅を減少させ、駐車させない道路形態を構築していくため、枚方警察署、周辺商業施設事業者、鉄道・バス事業者等の協力によりカラーコーンを設置して、京阪バスの運行状況等の交通状況の確認を行ったところ、めいわく駐車防止の効果が確認されました。

カラーコーン設置の写真

カラーコーン設置後の状況(駐車が一掃された)


枚方市駅周辺でのめいわく駐車追放への取り組みへの別ルート