ページの先頭です
メニューの終端です。

埋蔵文化財の届出

[2015年7月14日]

ID:2743

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内での工事には届出が必要です

土木工事等を行う場合

埋蔵文化財は、先人たちの営みを伝える貴重な財産であり、破壊されてしまうと元に戻すことはできません。したがって、周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内において土木工事等を行う時は、工事に着手する60日前までに届出するよう義務付けられています(文化財保護法第93条第1項)。
場合によっては、発掘調査(本格調査)が必要となることもありますので、事前に工事予定地が遺跡範囲内かどうかを必ず確認してください。手続き等で不明な点がありましたら、文化財課(050-7105-8058)まで問い合わせてください。

確認方法

遺跡範囲内かどうかは、下記の方法により確認をしてください。

  1. 窓口
     輝きプラザきらら4階までお越しください(文化財課へのアクセス)。
  2. ファクス
     下記の資料を枚方市教育委員会文化財課あてに送信してください。
     ・住宅地図 工事予定地に印をつけ、住居表示(なければ地番)を記入したもの。
     ・連絡先(会社名、担当者名、電話番号)

また、文化財課では枚方市文化財分布図を300円で頒布しています(詳しくは販売図書のご案内のページをご覧ください)。分布図で確認いただけますが、改訂されることがありますので、とくに遺跡近隣地は範囲外であっても問い合わせてください。

届出書類

工事予定地が遺跡の範囲内であった場合は、工事に着手する60日前までに大阪府教育委員会教育長に届け出なければなりません。届出者は文化財課に2部提出し、文化財課がとりまとめて大阪府教育委員会に進達します。届出用紙は、文化財課で配布しているほか、下記からダウンロードできます。

埋蔵文化財発掘の届出・通知書
必要なとき周知の埋蔵文化財包蔵地において、土木工事等を実施したいとき
申請できる人周知の埋蔵文化財包蔵地において、土木工事等を実施する人
提出時に必要な物届出書・通知は様式に必要事項を記入し、以下の図面を添えて正本2通を作成の上、文化財課にご提出ください。
【土木工事の場合】
位置図、計画平面図、工事断面図、切土・盛土を塗り分けた図
【建築工事の場合】
位置図、配置図、平面図、立面図、設計GLから基礎根切り底までの深さが判る図(基礎断面図・基礎伏図または矩計図)
注意事項周知の埋蔵文化財包蔵地にあたるかどうかについては、事前に文化財課に確認してください。
手数料無料
郵送郵送可
書類のサイズA4

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

開発計画を策定するにあたり、事前に埋蔵文化財包蔵の確認調査を行いたいときは、下記の書類を提出してください

埋蔵文化財包蔵確認調査依頼書
必要なとき開発計画を策定するにあたり、事前に埋蔵文化財包蔵の確認調査を行いたいとき
申請できる人開発計画を策定する人
提出時に必要な物

依頼書に必要事項を記入し、以下の書類を添えて文化財課にご提出ください。

位置図、敷地確定図、埋蔵文化財発掘調査承諾書(下記添付ファイル)

手数料無料
郵送郵送不可
書類のサイズA4

埋蔵文化財の届出への別ルート