ページの先頭です
メニューの終端です。

木造住宅の耐震改修(工事)補助制度

[2017年3月31日]

ID:2435

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

木造住宅の耐震改修(工事)補助

木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助する制度です。
補助制度の利用をお考えの方は、必ず耐震改修工事等を行う前に建築安全課へご相談ください。

(注意!)平成29年度の受付は終了しました。

補助対象(主な要件)

  • 昭和56年5月31日以前の基準で建てられた個人所有の木造住宅(地階を除く階数が2以下であること)。
  • 現に居住し、または、居住しようとしているもの
  • 申請者(建物所有者)の直近の年度分の市町村民税の所得割額が304,200円未満(年収目安:約910万円)であること。
  • 建築基準法に適合する計画であること。(敷地と道路との関係・建ぺい率・高さ制限等)
  • 所定の方法による耐震診断の結果、一定基準(評点1.0)未満であると判定されたもので、かつ、以下の計画に該当する耐震改修工事を行うもの。

対象となる計画

以下の(1)から(4)のいずれかに該当する計画。

(1)耐震改修 
  評点を1.0以上に引き上げる計画。

※さまざまな事情により、上記の改修内容を実施することが困難な場合は、以下の(2)から(4)の改修計画についても補助の対象となります。

(2)簡易改修
  評点を0.7以上に引き上げる計画。
  (改修前後の変化量が0.3以上のものに限る。)

(3)部分改修
  1階部分の評点を1.0以上に引き上げる計画。
  (2階建ての1階部分の改修前の評点が0.7未満であるものに限る。) 

 (4)耐震シェルター設置工事
    一部の部屋に地震時に安全な強度を備えた「耐震シェルター」を設置する工事
   (改修前の評点が0.7未満であるものに限る。)

補助内容

70万円(一定所得以下の世帯においては90万円)または耐震改修工事に要した費用のうち、いずれか少ない額
(※一定所得:世帯員全員の年間所得の合計額が256万8千円)

パンフレット

木造住宅の耐震改修(工事)補助申請関係様式

木造住宅耐震改修(工事)補助申請関係様式

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

参考

お問い合わせ

開発指導室 建築安全課防災指導グループ

電話: 072-841-1441

ファクス: 072-841-5101

お問い合わせフォーム