ページの先頭です
メニューの終端です。

保健センターが電気自動車の3年間無償貸与を受けました

[2016年10月20日]

ID:2129

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保健センターが「電気自動車活用事例創発事業」に参加

保健センターが、日産自動車株式会社が募集した、「EVをもっと身近に!プロジェクト」「電気自動車(e-NV200)活用事例創発事業」に応募し、大阪府内では枚方市をはじめ4自治体が選定されました。

「電気自動車活用事例創発事業」は、日産自動車株式会社が開発した排気ガスを出さない電気自動車「e-NV200」を全国の自治体に3年間無償貸与し、電気自動車の活用事例を積み上げさらに普及させようと同社が参加を募ったものです。

保健センターでは、今後、健康診査や健康教室などの健康推進事業に、排気ガスを出さず環境負荷の少ない電気自動車を公用車として使用し、外部への電気供給の特徴を活かして屋外でのイベント等でも活用していきます。

3月24日(木曜日)に保健センターにて車両貸与式典を開催しました。

式典の様子

増田本部長の写真

日産大阪販売株式会社 増田真彦 支援本部長のご挨拶

藤木枚方エリア本部長から副市長へ目録贈呈

日産大阪販売株式会社 藤木英男 枚方エリア本部長から長沢秀光副市長へ目録贈呈

参加者で集合写真

式典参加者で集合し記念撮影

e-NV200の画像

無償貸与を受ける電気自動車「e-NV200」


保健センターが電気自動車の3年間無償貸与を受けましたへの別ルート