ページの先頭です
メニューの終端です。

修景助成制度について

[2013年6月7日]

ID:1914

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

枚方宿地区修景助成制度について

枚方宿地区は、旧東海道57次、第56番目の重要な宿場町のひとつとして栄え、枚方発展の礎となったまちで、今も残る街道筋の町家や道標が隣接する淀川や万年寺山と一体となって、歴史性豊かな景観を形づくっています。

一方で、家屋の老朽化などによる建て替えが進む中で、枚方市と枚方宿地区まちづくり協議会(別ウインドウで開く)が協力して、現代の生活機能を満たしながら歴史や文化を継承・発展させることで、まちの魅力や活力をつくりだそうとまちづくりを進めています。

その一つとして、枚方市では枚方宿地区の街なみを形成していくため、建物の修景助成を行っております。

詳しくは景観住宅整備課窓口まで問い合わせてください。

枚方宿地区の街なみの写真