ページの先頭です
メニューの終端です。

B型肝炎の予防接種について

[2016年10月1日]

ID:1709

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

B型肝炎予防接種が定期の予防接種になりました。

予防接種法施行令の一部が改正され平成28年10月1日から、B型肝炎の予防接種が、予防接種法に基づく定期接種に追加されました。

B型肝炎について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスが血液や体液などを介して感染して起きる肝臓の病気です。一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(キャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた、生後1歳未満の人

接種回数と接種間隔

27日(4週間)以上の間隔をおいて2回接種後、第1回目の接種から139日(20週)以上の間隔をおいて1回接種

(皮下接種)

標準的な接種期間

 生後2か月から生後9か月まで

受け方

取扱医療機関に予約し、母子健康手帳を持参のうえ予防接種をお受けください。

注意事項

  • 平成28年10月1日以前に任意接種として既にB型肝炎ワクチンを接種したことがある人は、接種した回数分の接種を受けたものとみなします。
  • HBs抗原陽性の人の体内または産道においてB型肝炎ウイルスに感染するおそれの人で、抗HBs人免疫グロブリンの投与に併せて組替え沈降B型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある人は対象外です。

救済制度について

B型肝炎予防接種は、予防接種法の基づく「定期接種」です。接種後に健康被害が発生した場合、「予防接種法」に基づく救済の対象になります。

予防接種健康被害救済制度(別ウインドウで開く)」(厚生労働省ホームページ)

関連リンク

B型肝炎予防接種Q&A(別ウインドウで開く)」(厚生労働省ホームページ)