ページの先頭です
メニューの終端です。

自殺予防週間

[2017年3月1日]

ID:1629

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

9月10日~9月16日は自殺予防週間です

あなたの大切な人の様子が、少しでも気になったら。

  「最近元気がないけれど、どうしたのかな。」

  「何か悩んでいることがあるのかな。」

それはあなたが、その人のサインに気づくことができているのです。

    ~身近なひとの小さなサインに気づいたら。

           そっと寄り添いながら、声をかけ、専門家へとつないでいきましょう。~

ひとりで悩まないで・・・

眠れない、もう頑張れない、生きることがつらい・・・

いろいろな悩みや、誰にも言えない気持ちを安心して話せる場です。

ひとりで抱え込まず、あなたの気持ちを話してみませんか?

自殺予防相談専用電話「ひらかた いのちのホットライン」

あなたの気持ちをお話しください。

名前を名乗る必要はありません。秘密は厳守します。

「ひらかた いのちのホットライン」
電話:072-861-1234
日時:月・水・金曜日 午後1時~午後8時

その他の電話相談窓口

こころの電話相談(枚方市こころの電話相談室)

  • 電話
     072-846-5758
  • 相談時間
     毎日10時~16時(1月1日,2日を除く)

こころの健康相談統一ダイヤル

  • 電話
     0570-064-556
  • 相談時間
     9月1日9:30~9月30日17:00までは24時間体制で相談を受け付けます。

こころのLINE電話相談

 QRコードからLINEの「友だち」登録のうえ、無料通話機能をご利用ください。

 「友だち」登録後は、手続きのためすぐに電話がかからない場合もあります。

 「トーク」による相談は行っていません。

 運用上、「既読」になることがありますが、相談員には「トーク」の内容が伝わっていませんので

 ご了承ください。

関西いのちの電話

  • 電話
     06-6309-1121
  • 相談時間
     24時間、365日

フリーダイヤル「自殺予防いのちの電話」

  • 電話
     0120-783-556
  • 相談時間
     毎月10日のみ 午前8時~翌日午前8時(24時間)

大阪自殺防止センター

  • 電話
     06-6260-4343
  • 相談時間
     金曜日13時~日曜日22時(57時間)

こころの救急箱

  • 電話
     06-6942-9090
  • 相談時間
     月曜日20時~火曜日午前3時(7時間)

わかぼちダイヤル(若者専用電話相談)

  • 電話
     06-6607-8814
  • 相談時間
     水曜日(祝日を除く)9時30分~17時 ※40歳未満対象

大阪府妊産婦こころの相談センター

  ・ 電話
    0725-57-5225
     ・  相談時間
         平日10:00~16:00

自死遺族相談(予約制)

大切な人を自死(自殺)で亡くされた方のために来所相談を実施しています。大阪府こころの健康総合センターの専門相談員がご遺族の相談に応じます。「自死遺族相談」とお伝えください。

大阪府こころの健康総合センター

  • 電話
     06-6691-2818(予約・問い合わせ) 平日9時~17時45分

自殺予防について

自殺は、その多くが追い込まれた死であり、その背景には過労、生活困窮、育児や介護による疲れ、いじめや孤立など、さまざまな社会的原因があることが知られています。 さまざまな悩みが原因で自殺に追い込まれるという危機は、「誰にでも起こりうる危機」です。自殺予防の対策は全ての人々がかけがえのない個人として尊重される社会、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現を目指しています。

   ぐっすり眠れなくてとてもつらい・・・

   何とかがんばろうと思っても、しんどくてつらくて・・・

   もう、どうしていいのかわからない・・・

   生きることがつらい・・・

 いろいろな悩みや、誰にも言えない気持ちをひとりで抱え込んでしまうと、いろいろな考えや感情がとても狭いものになってしまいがちです。

 また、このような状況におかれた人々は、その苦しさや辛さを抱えた結果、抑うつ状態であったり、アルコールを多量に摂取するなど、こころのバランスも崩れてしまうような状況になってしまうことが少なくありません。

 一方で、「死にたい」と考えている人も、こころの中では「生きたい」という気持ちがあり、両者の気持ちの間で激しく揺れ動いているといわれています。そのような考えの中にいる人が見せる、いつもと違う様子に気づいたときは、「どうしたの?」「なにかあったの?」などと、ちょっとした声かけをすることで、辛くしんどい気持ちに気づいているよ、ということを伝えることができます。

 ちょっとした気づきをもち、そっと寄り添うことで、その人のしんどいことを少しづつでも話し始めて下さったら、ご本人の気持ちを尊重しながら話に耳を傾けてください。そして、話を聞いている人だけでしんどさを抱えることがないように、早めに専門家に相談するように促し、寄り添ってください。

 ほんの少しの気づきが、そして声かけが。

 ご本人の気持ちを、そしていのちを救うきっかけとなります。

関連ホームページ