ページの先頭です
メニューの終端です。

小児慢性特定疾病医療費助成制度

[2017年4月1日]

ID:1421

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

本制度の申請手続き等については、小児慢性特定疾病医療費助成制度 利用の手引き(申請案内) をご覧ください。

平成27年1月新制度の対象疾病は、小児慢性特定疾病情報センターのホームページへ(別ウインドウで開く)

小児慢性特定疾病医療費助成制度 利用の手引き(申請案内)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

小児慢性特定疾病の対象疾病が拡大されます

平成29年4月から、小児慢性特定疾病の対象疾病が拡大され、704疾病から722疾病になります。

詳しくは、(小児慢性特定疾病情報センター)(別ウインドウで開く)のホームページをご覧ください。

医療費支給認定申請に必要なもの<申請書ダウンロード>

全員提出が必要な書類

  1. 小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(新規・更新・変更)
  2. 【様式1】小児慢性特定疾病 医療意見書(別ウインドウで開く)(小児慢性特定疾病情報センターのホームページからダウンロード)
    【様式2】重症患者認定意見書兼療育指導連絡票
  3. 受診者(対象児童等)の健康保険証
  4. 更新申請の場合は、小児慢性特定疾病医療受給者証
  5. 同意書(保険者照会用)
  6. 【平成28年1月から】
    ・社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の個人番号(マイナンバー)を支給認定申請書等に記載していただくことになります。
    ・申請時に、下表のマイナンバーの記載が必要な方の「マイナンバー通知カード」と「申請者の身分証明書(※)」、または「個人番号カード」(顔写真付き)をお持ちください。(コピー可)
マイナンバーの記載書類詳細
受診者の健康保険の種類個人番号(マイナンバー)の記載が必要な方
被用者保険(協会けんぽ、健保組合、共済組合等)被保険者および受診者(対象児童等)分
市町村国保、業種別国保組合国保加入者全員分

※身分証明書とは、下記(1)または(2)の本人確認書類をいいます。
(1)運転免許証、旅券などの顔写真付きの官公署から発行されたもの。
(2)(1)がない場合は、以下の本人確認書類を2つ以上
  ・健康保険証 ・年金手帳 ・児童扶養手当証書 ・小児慢性特定疾病医療受給者証 など

<マイナンバー制度に係る番号確認および本人確認について>
http://www.city.hirakata.osaka.jp/0000001245.html(別ウインドウで開く)

該当者のみ提出が必要な書類

  1. 重症患者認定申請を行う場合「重症患者認定申請書」
  2. 人工呼吸器を装着されている場合「人工呼吸器等装着者申請時添付書類」
  3. 下記(1)から(3)のいずれかに該当する場合は、市・府民税課税証明書が必要です。
    (1)保護者の市・府民税が枚方市以外の市区町村で課税されている場合は、当該市区町村発行の市・府民税課税証明書が必要です。
    (2)業種別国民健康保険組合加入者は、加入者全員の市・府民税課税証明書が必要です。(16歳未満の被扶養者である児童分は不要)
    (3)被用者保険(協会けんぽ、健保組合、共済組合等)の被保険者が市・府民税非課税の場合は、被保険者の市・府民税(非)課税証明書が必要です。
     (注)健康保険上の適用区分の更新に伴い、認定後でも改めて市・府民税課税証明書等の提出をお願いする場合があります。
  4. 受診者(対象児童等)が生活保護受給者の場合「生活保護受給証明書」

各種変更申請など

変更申請の際は、必ず「小児慢性特定疾病医療受給者証」の写しを添付してください。

各種変更申請書類詳細
変更内容申請書等申請時添付書類
疾病変更および疾病追加を行う場合小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(新規・更新・変更) 医療意見書
市・府民税の修正等により自己負担上限額の変更を行う場合小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(新規・更新・変更) 課税状況が変わったことが確認できる書類
新たに、重症患者認定申請、人工呼吸器等装着を行う場合・小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(新規・更新・変更) 
・重症患者認定申請書
重症患者認定意見書
人工呼吸器等装着者申請時添付書類
受給者証記載の受診者の氏名、性別、住所、生年月日等に変更があった場合小児慢性特定疾病医療受給者証等記載事項変更届出書
健康保険変更の場合は、同意書(保険者照会用)
変更内容が確認できる書類
受給者証記載の保護者の氏名、住所、続柄に変更があった場合小児慢性特定疾病医療受給者証等記載事項変更届出書
健康保険変更の場合は、同意書(保険者照会用)
変更内容が確認できる書類
受給者証記載の健康保険証の内容に変更があった場合小児慢性特定疾病医療受給者証等記載事項変更届出書
健康保険変更の場合は、同意書(保険者照会用)
変更後の健康保険証
受給者証記載の指定医療機関が変更(追加)となる場合小児慢性特定疾病受診医療機関申請書
新たに高額治療継続者の申請を行う場合
※高額治療継続者とは、平成27年1月以降かつ本制度の受給認定を受けている期間において、一年以内に2割負担の自己負担額(小児慢性制度適用前)が1万円を超える月が6回ある場合に、重症認定と同じ自己負担上限額が適用されることをいいます。
※本制度は平成26年12月以前の医療費については、認定の算定に含まれません
小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(新規・更新・変更) 自己負担上限額管理票

受給者証を紛失、破損等した場合

医療費等の請求を行う場合

支給認定申請を行った日から小児慢性特定疾病医療受給者証が発行されるまでの間に指定医療機関(薬局・訪問看護ステーションを含む)に受診された等で、その月に支払った一部負担額の合計が月額自己負担上限額を超えた場合は、超過金額をご請求に基づき返還します。(申請先:枚方市 健康部 医療助成課)
申請場所
申請内容場所住所電話番号
新規・更新・医療機関追加・変更申請に関すること枚方市保健所 保健予防課大垣内町2-2-2072-807-7625
新規・更新・医療機関追加・変更申請に関すること枚方市保健センター禁野本町2-13-13072-840-7221
療育相談に関すること枚方市保健センター禁野本町2-13-13072-840-7221
医療費等請求に関すること医療助成課(枚方市役所別館2階) 大垣内町2-1-20072-841-1221

指定医療機関および指定医制度について

平成27年1月以降、小児慢性特定疾病医療受給者証を使用できる医療機関(病院、診療所、薬局、訪問看護事業者)は、枚方市および各実施主体(都道府県、政令市、中核市)から指定を受けた「指定医療機関」に限られます。
 平成27年1月以降に小児慢性特定疾病の申請に添付する医療意見書は、枚方市および各実施主体(都道府県、指定都市、中核市)から指定を受けた「指定医」が記載したものに限ります。

医療機関、薬局、訪問看護事業者向け(申請書ダウンロード)

指定医