ページの先頭です
メニューの終端です。

土地・建物等の補償について

[2013年5月15日]

ID:1350

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.土地所有者等に対する補償

(1)土地に関する補償

地価公示法による公示価格、国土利用計画法による基準地価格、近隣・類似地域の正常な取引事例価格等を考慮した不動産鑑定士による鑑定評価をもとに適正な価格で補償します。

(2)土地を借りている方に対する補償

土地に対する権利が消滅することに対して補償します。

※土地所有者と土地を借りている方との間で権利割合を決定していただき、その割合に応じた補償をします。

(3)残地に対する補償(残地補償)

土地の一部が取得され、残地が極端に狭くなり著しく利用が妨げられるなど、価格が低下すると認められるときは、その残地の損失も補償の対象となります。

2.建物等の所有者や居住者等に対する補償

枚方市が取得する土地に建物、工作物などがある場合は、移転をしていただく必要があるため、移転することにより通常生じると認められる損失を補償します。

(1)建物の補償

取得する土地に建物がある場合、その建物の配置・構造・用途・敷地の形状等から、移転先が残地となるか残地以外の土地になるかを判断した上で、通常妥当と認められる移転方法(再築・曳家・改造)によって移転するのに要する費用を補償します。

(2)工作物補償

移転できる工作物はその移転費用を、移転できない工作物は現在価格等を補償します。

(3)立木の補償

立竹木については、利用目的・種類などによって移植、伐採等に要する費用を補償します。

(4)動産移転料

建物の移転に伴う動産(家財道具・商品・諸材料等)については、荷造り、運搬等に要する費用を補償します。

(5)移転雑費

建物の移転に伴い新たに必要となる経費として、移転先の選定に要する費用、建築確認申請手数料、その他慣習で行う上棟式や建築祝い等に要する費用、親戚や知人に対する引越挨拶状の費用などを補償します。

(6)仮住居補償

建物を移転する場合において、移転工事期間中の仮住まいが必要となる場合は、建物の規模、世帯人数および家財道具等の数量に応じた仮住まいに要する費用を補償します。

(7)営業の補償

店舗や工場等を移転していただくため営業を一時休まなければならない場合は、その期間中の収益の減少分、固定的な経費、従業員の休業手当、移転先での開店のための広告費等を補償します。

(8)借家人補償

借家や借間されている方が、新たに借家等に移転しなければならない場合には、その実情に応じてそのために要する費用を補償します。

(9)家賃減収補償

移転していただくことになる貸家等の移転期間中に生じる家賃減収(管理費および修繕費相当額控除)について補償します。

お問い合わせ

用地課(直通)

電話: 050-7102-6535

ファクス: 072-841-4605

お問い合わせフォーム