ページの先頭です
メニューの終端です。

住居新築の届出

[2017年3月31日]

ID:534

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市内(大字地域を除く)で建物を新・改築された場合は、市役所市民室または各支所で住居新築の届出をしてください。
届出に基づいて現地で建物の確認調査を行い、今後住所として使用する住居表示(住所)を付番した後、その住居表示(住所)を住居表示台帳に記載します。
住民登録は住居表示台帳に基づいて取り扱っているため、建物を新・改築された場合は住民登録手続きの前に住居新築の届出をしてください。郵送での届出も可能です。

届出ができる人

建物の管理者・所有者
建築施工者等の代理人でも可

届出ができる時期

申請する建物の棟上げが完了したとき
※建売住宅等で所有者が未定でも棟上げが完了していれば申請できます。

届出に必要なもの

  1. 申請地付近の見取図(地図)
  2. 土地に対する建物の配置図面
  3. 1階の平面図(玄関位置のわかるもの)
  4. 共同住宅等で住居表示(住所)に部屋番号が必要な場合は部屋番号入りの各階の平面図
  5. 申請地が地番表示地区(地番が住所となる町名)の場合は法務局で取得できる公図等の地番がわかる公的な書

届出に必要な添付書類の具体例については下記のPDFファイルをご覧ください

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

届出後の住所決定までの流れ

  1. 住居新築の届出受理
  2. 現地確認調査
    (1)の申請日の翌週の火曜日から木曜日に実施します。
    ※現地確認調査当日の立会いは不要ですが、それに代わる目印として申請時に住居新築測量票(青い紙)をお渡ししますので、前日までに現地に貼り付けておいてください。
  3. 住所の決定
    (2)の現地確認調査に基づき住所となる番号を決定し、同調査が終了する木曜日の午後以降に下記のものを交付します。
  • 住居表示地区:住居表示板(プレート)・住居番号付番通知書
  • 地番表示地区:地番表示板(プレート)

同一敷地内での建て替え・新築における届出

同一敷地内で既存の建物を取り壊し、新たに建物を新築した場合についても上記の住居新築の届出が必要です。

郵送での届出

住居新築届を郵送で届出される場合は、上記「届出に必要なもの」と併せて下記のPDFファイルから必要書類をダウンロードし、届出ください。なお、受理後担当者よりご連絡します。

  1. 住居新築届
     住居表示実施地区の判別は町名一覧より確認できます。複数件届出の場合、町名が同一のものについては1枚で届出ください。
    ・住居新築届【住居表示実施地区用、未実施地区用】
    ・記入例
    ・町名一覧
  2. 住居新築測量票
     現地調査予定日(受理した日の翌週、火曜日から木曜日)の前日までに現地の玄関付近等に貼ってください
    ・住居新築測量票

郵送のあて先

〒573-8666 大阪府枚方市役所 市民安全部 市民室 住居表示担当宛

なお、ファックスおよびEメールでの受付はしておりません。また、郵送での遅延等のトラブルについて、当方は一切責任を負いません。