ページの先頭です
メニューの終端です。

20歳になったら

[2016年1月15日]

ID:483

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人は、誰もが国民年金、厚生年金保険のいずれかの公的年金制度に加入しなければなりません。

  1. 20歳になる月に、日本年金機構から「国民年金加入のご案内」が送付されます。
  2. 20歳になった翌月に日本年金機構から「年金手帳」「国民年金保険料納付案内書」が送付されます。

(注1)20歳になる直前に、厚生年金保険の加入者でなくなった人および住所変更があった人は、「国民年金加入のご案内」が送付されないこともあります。「国民年金加入のご案内」が送付されないときは、枚方市役所年金児童手当課までお越しください。

(注2)過去に、厚生年金保険や共済組合に加入していた人および遺族基礎年金の受給権があった人で、すでに年金手帳(基礎年金番号通知書)の交付を受けている場合は、20歳になっても年金手帳は送付されません。

20歳前に住民登録されている市町村が日本年金機構で付番された基礎年金番号をもとに加入手続きを行いますので、保険料の免除等他の手続きを行わない場合は、お越しいただく必要はありません。

20歳現在で、厚生年金保険に加入中の場合は国民年金の第2号被保険者となります。特別な手続きなどは必要ありません。