ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 教職員研修の様子(12月実施)

[2016年3月7日]

ID:475

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年度授業の達人養成・教科研究講座〔小学校英語活動・中学校英語〕(4)(5)を実施しました。

平成27年12月8日、枚方市立蹉跎西小学校にて、部員の教員7名の参加のもと、講座を実施しました。
この日の講座は、前半に外国語活動の授業を参観し、後半でその授業の内容について協議するとともに、大阪国際大学の 山本 玲子 准教授から指導助言をしていただくという二部構成で実施しました。
授業では担任の 井手内 太吾 教諭と英語教育指導助手の 宮前 直美 先生がティームティーチング(2人以上の教職員が連携・協力して指導の展開をはか る指導方法および形態)を行い、圧倒的な量の言語活動をテンポよく展開しました。子ども達が終始楽しみながら意欲的に発言、発表に取り組む姿が印象的でし た。
研究協議では学習指導案作成の段階から指導していただいた山本准教授より、外国語活動の授業は中学校の英語科の授業と比較して、より子ども の感覚に働きかける活動を意識しなければならないことや、今後、繰り返し練習することにより音声面で定着した単語やフレーズを意味や文字とつなげていく工 夫をしていかなければならないこと等、具体的な指導助言をいただきました。
小中一貫教育における外国語活動、英語教育の果たす役割は大きく、今後も小学校と中学校の教員がお互いの授業を参観し、学び合い、円滑な接続を図っていくことが大切です。

受講者の感想

  • 1回の授業でこれだけの量の言語活動をしていることに驚きました。中学校、特に1年生の授業について、中学校の教員も改善していくべきだと思います。(中学校教員)
  • 担任の先生が主担者として外国語活動の授業をデザインすることのメリットを具体的に教えていただくとともに、その実践を実際に参観できて良かったです。(小学校教員)
  • 子ども達の集中力が途切れない、あっという間の45分間でした。担任の先生が授業の中心になっているという安心感と、英語教育指導助手の先生のテンポのよい展開や、褒めたり元気づけたりする声かけの結果だと感じました。(小学校教員)

研修の様子

担任の先生の英語に熱心に聞き入る様子

担任の先生の英語に熱心に聞き入ります。

赤白帽でペアになる言語活動の様子

赤白帽でペアになる言語活動

お問い合わせ

教育推進室 教育研修課(直通)

電話: 050-7102-3153

ファクス: 072-848-2960

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

教育推進室 教育研修課