ページの先頭です
メニューの終端です。

戸籍の証明書

[2016年3月1日]

ID:450

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

戸籍の証明書

戸籍は親族における身分関係を証明するものです。戸籍関係の証明は本籍地(受理証明書は届出された市区町村)で取得することができますので、枚方市以外に本籍がある場合は、本籍地の市区町村に請求してください。
本人、配偶者等の同一戸籍に記載されている人、その直系の親族(祖父母・父母・子等)の方が請求できます。代理人に依頼されるときは委任状が必要です。
ただし、身分証明書については親族の方であっても本人以外の方が請求される場合は委任状が必要ですのでご注意ください。

戸籍証明書の種類と発行手数料

戸籍証明書の請求時には「本人確認」をさせていただきます。

戸籍証明書の不当取得を防ぐため、戸籍の窓口での「本人確認」が法律で義務付けられています(平成20年5月1日戸籍法の一部の改正による)。戸籍の証明書の請求に来られた方には、顔写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなどの本人確認書類を提示していただきます。(詳しくはこちら

戸籍証明書の種類と枚方市における発行手数料

手数料一覧
戸籍全部事項証明書(謄本)戸籍に記載されている方全員の身分事項をすべて記載したもの(注意1)1通450円
戸籍個人事項証明書(抄本)戸籍に記載されている方のうち証明が必要な方だけの身分事項をすべて記載したもの(注意1)1通450円
除籍全部事項証明書(謄本)婚姻・死亡・転籍等により全員が除かれた戸籍(除籍という)に記載されている方全員の身分事項をすべて記載したもの1通750円
除籍個人事項証明書(抄本)除籍に記載されている方のうち証明が必要な方だけの身分事項をすべて記載したもの1通750円
改製原戸籍謄本法改正等による戸籍の改製(様式の変更やコンピュータ化)があった場合、改製前の戸籍(改製原戸籍という)に記載されている方全員の身分事項を記載したもの1通750円
改製原戸籍抄本改製原戸籍に記載されている方のうち証明が必要な方だけの身分事項をすべて記載したもの1通750円
戸籍附票戸籍編製と同時に作成されその戸籍に記録されている方の住所(他市を含む)の履歴を記録したものです。なお、平成17年2月26日の戸籍電算化による改製原戸籍の附票や、除籍になって5年以上経過した戸籍の附票は発行できません。1通300円
受理証明書出生・婚姻・離婚など戸籍の届出を受理したことを証明するもの。上質紙B4版の賞状タイプは1通1400円でお渡しまで10日ほどかかります1通350円
戸籍届書の記載事項証明(死亡診断書の写し)戸籍の届書そのものの内容を証明したもの(戸籍の届書は非公開ですが、法令等により提出が義務づけられている場合のみ、利害関係人に限ります)1通350円
身分証明書禁治産者または準禁治産者の宣告、後見の登記、破産宣告または破産手続き開始決定の各通知を受けていないことを証明するもの1通300円

(注意1)枚方市では、平成17年2月26日に戸籍事務のコンピュータ化に伴って戸籍を改製しました。これにより戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本は「戸籍個人事項証明書」に名称が変わりました。このコンピュータ化後の戸籍には、平成17年2月25日以前に死亡や婚姻などで除籍になった方の事項は記載されていません。また、離婚などの事項が記録されない場合もあります。こうした記録されない事項についての証明が必要な場合は、改製前の戸籍「改製原戸籍」を請求してください。

戸籍証明書の発行窓口

  • 市役所本館1階市民室、津田支所、香里ケ丘支所、北部支所
     平日 午前9時から午後5時30分
  • 枚方市駅市民室サービスセンター
     平日 午前8時から午後8時(木曜のみ定休日)、土曜・日曜・祝日 午前9時から午後5時30分(注意1)

(注意1)戸籍に関する証明のうち、戸籍の届出があり内容審査を終えていないもの等は即時交付できない場合があります。

戸籍証明書の郵送請求

戸籍証明書は郵送でも請求できます。戸籍関係証明書の郵送用申請書をご参照ください。

申請できる方

  • 戸籍に記載されている人、またはその配偶者、直系の親族(直系尊属もしくは直系卑属)です。
  • 代理人に委任して請求する場合は委任状が必要です。委任状は下記からダウンロードできます。委任内容を記入し使用してください。
  • 上記以外の人が請求をする場合には、正当な理由が必要です。請求理由を明らかにしていただき、その請求がプライバシーの侵害や差別につながるなど不当な目的によるときは交付できません。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請に必要なもの

  • 窓口に来られる方の本人確認書類が必要です。(1)または(2)をお持ちください。
    (1)官公署が発行した写真付きの本人確認書類(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード等)
    (2)各種保険証・年金手帳などの官公署が発行した写真なしの資格証明書2点か、同証明書1点と写真付き学生証・社員証等
  • 代理人の方が申請する場合は、本人からの委任状が必要です。
    (注意)身分証明書の請求には、親族の方が申請される場合でも証明される方本人の委任状が必要です。