ページの先頭です
メニューの終端です。

証明書コンビニ交付サービスについて

[2016年7月29日]

ID:414

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

証明書コンビニ交付サービスについて

枚方市では、平成25年10月1日から住民基本台帳カード(以下、住基カード)の多目的利用として、コンビニエンスストアでの証明書交付サービスを行っています。住基カードの発行は平成27年12月28日をもって終了しておりますが、現在有効な住基カードをお持ちの方については、カードの有効期限満了まで本サービスをご利用いただけます。住基カードについての詳しくは住民基本台帳カードと公的個人認証サービスについてのページをご覧ください。
なお、平成28年1月27日以降は、個人番号カードでも本サービスを利用することができます。(ただし、個人番号カードでのサービス利用が可能となるのは利用設定をした日の翌日以降となります。ご了承ください。)
サービス利用を希望される場合は利用申請や暗証番号の設定が必要ですので、下記詳細をご覧の上お手続きください。

証明書コンビニ交付サービスとは

多目的利用サービス設定をした住基カードまたは個人番号カードを利用すれば、全国のコンビニエンスストアで各種証明書を取得できます。コンビニの端末では、窓口での交付手数料より100円安く証明書を取得することができます。
取得できる証明書の種類や、利用可能時間帯については下記詳細をご覧ください。

利用される住民の方、各種証明を受け取る企業・団体等の方向けの詳細なページへ(別ウインドウで開く)

取得できる証明書

  • 住民票の写し
     本人分および同一世帯分(最新分のみ)
  • 印鑑登録証明書
     本人分のみ
  • 市・府民税課税証明書
     本人分のみ(現年度分および前年度分)※申告済のものしか発行することができません。
  • 戸籍全部・個人事項証明書、戸籍の附票の写し
     本人および同一戸籍分(平成28年1月27日より交付開始)

(注意1)住民票の除票、記載事項証明書、住民票コード入りの住民票は発行できません。また印鑑登録証はコンビニでは使用できません。
(注意2)戸籍の証明書について、枚方市以外に住民登録があり、枚方市に本籍がある方は、事前に利用登録が必要です。

【お知らせ】平成28年1月27日より、コンビニで発行する住民票の写しについて、個人番号(マイナンバー)の記載の有無を選択できるようになりました。なお、原則として個人番号の記載は省略されています。必要に応じて記載の有無を選択してください。

利用できるコンビニエンスストア

  • セブン-イレブン
  • ローソン(ローソンストア100は除く)
  • サークルKサンクス
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

枚方市内だけでなく、全国のコンビニ店舗がご利用頂けます。ただし、メンテナンス等により一部ご利用いただけない店舗もあります。

利用できる時間

午前6時30分から午後11時まで。(戸籍の証明については午前9時から午後11時まで。)
ただし、年末年始(12月29日から1月3日)、メンテナンス日を除きます。

証明書コンビニ交付サービスを利用するためには

住基カードまたは個人番号カードをお持ちの場合も、カードに多目的利用設定をされていなければサービスは利用できません。
利用申請の方法や受付場所については、下記詳細をご覧ください。

利用申請・暗証番号変更について

利用申請や暗証番号設定・変更ができるのは、住基カードまたは個人番号カードをお持ちのご本人に限ります。コンビニで証明書発行をする際に暗証番号を3回間違えた場合は、カードにロックがかかり、サービスが利用できなくなります。多目的的利用サービス設定を希望される方、設定をしたかどうか覚えていない方、暗証番号を忘れてしまった方は、市役所市民室または各支所へご本人が住基カードまたは個人番号カードをお持ちください。手続きには運転免許証や旅券など顔写真付きの公的な身分証明書も必要ですので、顔写真なしの住基カードをお持ちの方はご注意ください。電話・ファックスでは手続きの受付ができませんのでご了承ください。

利用申請や暗証番号変更などの受付場所

受付場所は、市役所市民室、津田支所、香里ケ丘支所、北部支所の4箇所です。なお、設定手数料は無料です。

利用設定ができるカード

利用設定ができるのは、個人番号カードまたは左上に金色のICチップが見えている住基カードに限ります。ICチップが見えていない旧タイプの住基カードには利用設定ができません。また、他の市区町村で発行した住基カードは、ICチップが見えているカードでも多目的利用設定ができない場合があります。ご了承ください。

左肩部分にICチップが見えているものが多目的利用設定が可能なカードです

多目的利用設定ができるカード

左肩部分にICチップが見えていないものは多目的利用設定できないカードです

多目的利用設定ができないカード(旧タイプの住基カード)

印鑑登録証としての利用

住基カードは印鑑登録証としても利用できます。住基カードとその暗証番号を利用して、市民室、津田支所、香里ケ丘支所、北部支所のほか、枚方市駅市民室サービスセンターの窓口で印鑑登録証明書を交付するものです。この場合の証明書発行手数料は300円です。
(注意)個人番号カードについては、印鑑登録証としての利用はできません。ご了承ください。

証明書コンビニ交付サービスについてよくある質問

Q1:コンビニで証明書を取っても大丈夫?

A1:枚方市と証明書交付センターを行政専用回線で接続します。証明書交付センターへは画像データを送信し、偽造・改ざん防止を施した後に、専用の通信回線を使用し、コンビニの多機能端末機(マルチコピー機)に送信します。証明書を発行した後は、証明書情報はコンビニの多機能端末機(マルチコピー機)から消去されますので安全です。

コンビニエンスストアで交付する証明書は、両面に不正防止処理を施してあり、コピーすると「複写」というけん制文字が浮き上がります。

また、裏面中央の模様(スクランブル画像)は、表面の情報を暗号化して印刷しています。裏面全体をスキャナで読み取り、インターネット上の問い合わせサイトに送ると、暗号を解除した画像がパソコンの画面に表示されます。証明書のおもて面の内容と見比べて、内容が改ざんされていないか確認することができます。

Q2:キオスク端末とは何ですか?

A2:タッチパネル等の簡単な操作により、必要な情報にアクセスしたり、さまざまなサービスを利用したりすることができる端末装置です。 液晶画面上に操作ガイダンスが表示されますので、指示に従って操作して頂きます。

Q3:コンビニ交付サービスで取った証明書提出時に気をつける点は?

A3:同一世帯の複数の人の住民票の写しを請求された場合、1枚に4人まで印刷されます。5人以上の世帯は、複数枚になります。ホッチキス留めはされませんが、証明書に記載のページ番号と固有の番号でひとつづりと判断できるようになっています。ひとつづりで有効な証明書となりますので、お取り忘れのないようご注意いただくとともに、提出時には十分確認してください。