ページの先頭です
メニューの終端です。

下水道排水設備改造工事助成制度

[2016年7月20日]

ID:390

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

水洗化を促進するために、補助金の交付・融資あっせん制度を設けています。尚、助成制度を利用するには、工事の申請時に指定工事店を通じて手続きが必要です。

補助金の交付
融資あっせん

補助金の交付

下水道の処理区域になった日から、3年以内に改造工事をされた方に補助金を交付しています。

補助金の交付条件

  1. 建物の所有者または所有者の同意を得た占有者であること
  2. 市税や下水道受益者負担金等を滞納(納付期限後の分割納付含む)していないこと
  3. 個人所有の建物であること

補助金の内容

補助金の交付額は、改造工事費の9割に相当する額(100円未満の端数は切り捨て)以内で、限度額は次のとおりとなっています。

くみ取り便所を改造する場合

一戸建住宅(続棟住宅を含む)

  • 処理区域になった日から1年以内に改造する場合1戸について13,000円。ただし、1戸の大便器の数が1を超えるときは、その超える数1につき4,500円を加算する
  • 処理区域になった日から1年を超え3年以内に改造する場合1戸について10,000円。ただし、1戸の大便器の数が1を超えるときは、その超える数1につき3,500円を加算する

2階建以上の集合住宅で各戸に便所を設置しているもの

  • 処理区域になった日から1年以内に改造する場合1戸について9,000円。ただし、1戸の大便器の数が1を超えるときは、その超える数1につき4,500円を加算する。
  • 処理区域になった日から1年を超え3年以内に改造する場合1戸について7,000円。ただし、1戸の大便器の数が1を超えるときは、その超える数1につき3,500円を加算する

集合住宅で便所を共同設置しているもの

  • 処理区域になった日から1年以内に改造する場合大便器1個について9,000円
  • 処理区域になった日から1年を超え3年以内に改造する場合大便器1個について7,000円

し尿浄化槽式便所を改造する場合

一戸建住宅(続棟住宅を含む)

  • 処理区域になった日から1年以内に改造する場合1戸について9,000円
  • 処理区域になった日から1年を超え3年以内に改造する場合1戸について7,000円

2階建以上の集合住宅で各戸に便所を設置しているもの

  • 処理区域になった日から1年以内に改造する場合1戸について4,500円(し尿浄化槽を共同使用しているものに限る)
  • 処理区域になった日から1年を超え3年以内に改造する場合1戸について3,500円(し尿浄化槽を共同使用しているものに限る)

集合住宅で便所を共同設置しているもの

  • 処理区域になった日から1年以内に改造する場合大便器1個について4,500円
  • 処理区域になった日から1年を超え3年以内に改造する場合大便器1個について3,500円

(注)生活保護法に基づく、生活扶助者が所有する建築物の改造工事については、事前にご相談ください。

申し込み方法

申し込みは指定工事店に依頼してください。その後、業者が工事申請といっしょに市への申請の代行をいたします。

受け取り方法

  • 検査完了後、市から決定通知書を送付します。
  • 検査完了後、およそ1ヶ月半で皆さんの指定された口座に振り込みます。

融資あっせん

融資を希望される方には、融資あっせん契約金融機関に融資のあっせんを行っています。

融資あっせんの交付条件

  1. 建物の所有者または所有者の同意を得た占有者であること
  2. 市税や下水道受益者負担金等を滞納(納付期限後の分割納付含む)していないこと
  3. 同居以外で独立した生計を営む連帯保証人があること
  4. 個人所有の建物であること

皆さんで用意していただく書類

  • 市へ申請時
     印鑑証明書 本人 1通、連帯保証人 1通
  • 金融機関へ申請時
     印鑑証明書 本人 1通(市から融資の書類が届いてからご用意ください)

融資あっせん額の内容

融資のあっせんを受けられる額は、改造工事費の9割に相当する額(1,000円未満の端数は切り捨て)以内で、限度額は次のとおりとなっています。

くみ取り便所を改造する場合

  • 一戸建住宅(続棟住宅を含む)
     1戸について450,000円。ただし、1戸の大便器の数が1を超えるときは、その超える数1につき100,000円で加算する
  • 2階建以上の集合住宅で各戸に便所を設置しているもの
     1戸について300,000円。ただし、1戸の大便器の数が1を超えるときは、その超える数1につき100,000円で加算する
  • 集合住宅で便所を共同設置しているもの
     大便器1個について300,000円
  • それ以外のもの
     1戸について400,000円

し尿浄化槽式便所を改造する場合

  • 一戸建住宅(続棟住宅を含む)
     1戸について350,000円
  • 2階建以上の集合住宅で各戸に便所を設置しているもの
     1戸について200,000円(し尿浄化槽を共同使用しているものに限る)
  • 集合住宅で便所を共同設置しているもの
     大便器1個について200,000円
  • それ以外のもの
     1戸について300,000円

申し込み方法

申し込みは指定工事店に依頼してください。その後、業者は工事申請といっしょに市へ申請の代行をいたします。
(注)工事申請書を提出された以後は、融資あっせんの申請は受付できません。

改造工事費の支払い

検査完了後、市から決定通知書を送付しますので、申請者自らがすみやかに金融機関で借入手続きを行い、借入された後指定工事店へ支払ってください。