ページの先頭です
メニューの終端です。

先輩職員からのメッセージ(市民活動課 大浦 規明)

[2016年8月17日]

ID:6

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

先輩職員から仕事のやりがいや枚方市を志望されるみなさんに向けてのメッセージを紹介しています!

枚方市=鉱山

市内に6つの大学が存在する。初期救急から高度救命までの医療機関が充実している。府内有数のテーマパークがある。豊かな自然が残っている等、枚方市は魅力ある資源を保有しているからです。掘ればザックザック。

仕事風景1

所属:市民安全部 市民活動課
氏名:大浦 規明(おおうら のりあき)
職種:事務職員
入職:平成18年度

私の職場はこんなところです

自治会や、概ね小学校区単位で地域活動を行っている「校区コミュニティ協議会」の推進や支援等を行う職場で働いています。そのため、仕事で関わる方は「会長」と言われる地域を代表される方々で、ご年配の方も多く、父親よりも年上の方達と一緒にまちづくりについて語り合っています。突発的な対応もあり、その場で臨機応変に対応していく力が求められる職場だと思います。また、地域の方々と一緒にまちづくりを行うところは、行政ならではの仕事だと思います。少人数でさまざまな業務に従事しているため、皆忙しく業務にあたっています。

仕事の魅力・やりがい

昨今、社会状況の変化とともに地域課題が多様化・複雑化する中、地域のあらゆる主体とともに協働してまちづくりを行うことが重要になっています。その中で地域を代表する方々と一緒にまちづくりに関わりながら業務を進めることにやりがいを感じます。知識も経験も豊富な地域を代表者する方々と仕事上関わる中で、厳しい言葉をかけられることもありますが、貴重な経験をさせていただいていると考えており、日々勉強させていただいています。

枚方市をめざす皆さんへ

民間か公務員か。どの自治体か。悩まれると思います。海外でバリバリ働きたい方は民間をお勧めします。しかし、愛着のある地域に密着し、まちづくりを行いたい方は市役所に入るべきです。中でもさまざまな可能性を秘めた枚方市への就職を勧めます。枚方市には多くの資源があり、その可能性は無限大です。皆さんの柔軟な発想で新しい枚方市をつくりましょう。HIRAKATAでHATARAKIぃ。そして一緒にいいまちをつくりましょう。

ある日のスケジュール

仕事風景2
スケジュール
午前9時朝礼、メールの確認
午前10時自治会館の建替え等に関する相談
午前11時認可地縁団体の説明に関する資料の作成
正午昼休み
午後0時45分自治会長名簿縦覧や開発協議等
午後1時30分枚方市コミュニティ連絡協議会 役員会
午後4時役員会議事録の作成等
午後6時退庁

※認可地縁団体・・・市町村長の認可を受けて、法人格を取得した自治会、町内会など